肩こりを改善するストレッチ(10)

Pocket

今回も寝たままできる肩こり改善のストレッチです。

寝る前に行いますと、深く寝れると思いますし、

朝、目覚めた時に時間に余裕があればやってみてください。

軽い肩こりであれば、睡眠のリラックス効果などによって、

朝は肩こりを感じないと思いますが、朝に軽いストレッチをすることによって、

全身が活性するため気持ち良い一日をスタートできます。

 

今回のストレッチは、バスタオルなど少し厚みのあるものを使用します。

仰向けに寝て、背中を少し高くするために、

背中の下にバスタオルなどを適当に丸めたものを置いておきます。

無理のない高さにしてください。

そのまま両手を頭の方にバンザイするように真っ直ぐに伸ばし、

同時に全身をピンと伸ばします。

その体勢から、肘をなるべく床(布団)にくっつくようにしつつ、

腕を脇腹の方へ下してゆきます。

この際、肘は曲げてもかまいません。

脇腹に近づいてきましたら、そこで肘を床(布団)から離して、

両方の肘を胸の前でくっつくように近づけながら、頭の方にもってゆき、

最初のバンザイしながら全身を伸ばすポーズに戻ります。

その繰り返しを3~5回行ってください。

このストレッチも、肩周辺がとてもスッキリしますので、

回数を多めに行ってみてください。

 

肩がスッキリして良い眠りに入れると思います。

眠りに入る前に、背中の下のタオルを外すのを忘れないようにしてください。

タオルが高すぎて、肘が床(布団)につかないかたは、

 

最初は何度か折りたたんだだけの高さがあまりないくらいから始めて、

少しずつ高くしてゆくと良いでしょう。

寝る前に、肩こりを軽減させておけば、翌日の目覚めも違ってきますので、

 

今夜からでもさっそく試してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*