肩こりを改善するストレッチ(9)

Pocket

夜、寝る前にも少しだけストレッチをすると良いです。

ベッドや布団に横になった姿勢で

出来るストレッチをご紹介します。

 

仕事に集中した日は、

肩こりもいつも以上にひどいと思います。

クタクタで早く横になりたい気分になってしまいます。

 

肩こりがひどいなぁと思っていても、

疲れていてストレッチする気にもなかなかなれないと思います。

しかし、

布団に横になって手足を伸ばし、リラックスできたなら、

眠りに入る前に少し肩こりをラクに出来ます。

 

そのように疲労がたまっているときにも、出来る簡単なストレッチです。

疲労がたまっていない時にも、

ストレッチをしてから眠りに入れば、すぐに寝られるようになります。

 

では、やり方をご説明します。

仰向けになり、揃えた両脚のつま先を上に向けます。

両手は脇にピッタリとつけたまま真っ直ぐに伸ばしますと、

ちょうどお尻のあたりにくると思いますが、

手のひらを下にしてお尻の下に敷く感じにいれます。

ここまでが準備段階で、これからゆっくりとストレッチしてゆきますが、

手のひらから肘までの部分で

床(布団もしくはベッド)を押しながら胸をググーと持ち上げて上半身を反らせます。

この動作は、息を吸いながら行うようにしてください。

上半身を反らせるときに顎も上に突き出し、

頭頂部が床に付くまで反らします。

 

最終的には、頭頂部、肘、腰(腰の下の手のひら)

 

という3つの部分で支えるような体勢になります。

3つの部分ではありますが、肘は左右で2カ所になりますので、

4点で上半身を支えることになります。

 

10秒程度はキープし、息を吐きながら元に戻します。

 

3~5回程度やると良いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*